2019年03月12日

LEDの表示モードを変更する(その2)

Sequencer使用時に「どの曲をセレクトしているのか判らなくなる問題」が発覚したので、メモリーCH毎に*Blink*するLEDの発色を変えることにした。

曲を選択する毎に色が変わって視認性が格段に向上したが、今度は点滅の間隔が気になりだした。

改装のついでに、TDMモード送信実験の前段階としてTDMに使用する通信端子の設定を行ってみた。 SCL0とSDA0をアサインする端子には、FPGAのラッチ信号を出力するためにリザーブしていた16・17番を使用する。

とりあえず、端子に通信機能を持たせるALT2にモードを切替える設定だけは行えているようだが、実際に使う段になると何をどうやればよいのかサッパリ理解していないので、ADMP1701の評価キットが到着次第TDMによる音声多重通信の実用化に向けて、これからフォーマットを学習していかなければならない。
posted by Yasuski at 21:30| LaVoixski