2018年12月26日

ArpeggiatorをEnvelopeGenerator風に使用するアイデア

音声出力のエンヴェロープをアルペジエーターを使ってパルス制御風に駆動するモードを思い付いた。

その仕組みは単純で、microSDに登録した等倍=C2・無音=0のピッチ情報を用いて主旋律にピッチを連動させたアルペジエーターを駆動するだけなので、実装それ自体は簡単に済みそうだ。

インターフェイスは、アルペジエーターをオン・オフする閾値の制御用に追加した空きチャンネルを選択した時にEGを起動すればよいのだが、閾値/EGのモードを切り替えるためのスイッチを増設する必要がある。

さらにお手軽な手法として、アルペジエーターのピッチ情報を固定したデータをパターン選択ルーティンの後方に貼り付ける選択肢もある。 この場合は、既存のノート情報のアサインを変更するだけで済む。 

WS001531.JPG

現状、アルペジエーターは実質的に15ch程余っているのだが、これらは制御不能紙一重な仕様故にアドレスを数CH程潰したとしても楽器の運用に支障は生じないだろう。

WS001530.JPG

とりあえず、ノート情報をストアするための関数、inNotes を27番まで増す。

WS001528.JPG

リードカウンタの n は既にリザーブ済。 n の容量は32ステップもあれば十分だろう。 記録用のCHは最低でも4つは欲しいので、TEXTファイルの読み出し機構をあと2つ追加する必要あり。(遊んでいる2chを既に実装している) 

WS001529.JPG

出音の制御は、Pitch情報を真ん中の 等倍="0"・無音="x" に限定して、addValue に掛け算すればOK。

テルミンは明確なアタックを伴った発音が苦手なので、アルペジエーター系の発音一発目はタイミングが合わせ難いものの、この手のエフェクトを使用することで表現のヴァリエーションを増やすことができる。

posted by Yasuski at 08:02| LaVoixski