2018年10月16日

基板のデザインをリファインする

Hammond/1455シリーズのスロットに合わせて、基盤の設計仕様を変更することにした。

まず、大型の筐体1455Nシリーズはスロットの内寸100mmに基盤のサイズを合わせていたが、MCUとRGBロータリーエンコーダーの実装に難があった。 この問題を解決するために、同一基板に組み込んでいたRGBロータリーエンコーダとMCUを分離し、操作系をまとめた新たな基盤を作成、これをフロントパネルに直接取り付ける手法に設計方針を転換した。

MCUv1.6.png

MCU基板は、不要なロータリーエンコーダーのランドを取り除く一方で、LEDの駆動回路はそのまま残すことにした。 フロントパネルに取り付ける操作系をまとめた基板にスタックできるように、コネクタや取付け穴の寸法を合わせて設計を行っている。

encWuthVCOv2.png

フィジカルインターフェイスを実装した基板の空きスペースを有効活用するため、余白の部分にリファレンス用のオシレーターを追加している。 デモジュレーターの実装はオプション扱いで、復調機能を持たせたアンテナ側のオシレーターをリファレンス基板にスタックすることも可能。 MCU基板と合わせて、3層に基板をスタックする。

audioV1.5.png

オーディオ基板は従来通りにスロットインを使って筐体に固定する。

一方、一回り小さな1455Kのスロット規格/75mmに合わせて、オーディオ基板とオシレーター基板をリファインすることにした。

OSCv1.3.png

MCU基板はID-292専用のものを転用するか、100mm規格のMCU基板を使用することができる。 基板の固定はフロントパネルにロータリーエンコーダーを使って行う。 100mm規格のMCU基板を使用する場合は、75mm規格のオーディオ/オシレーター基板と組み合わせて運用することになる。

audioV1.4.png

1455Kは本来ID-292の代替品として考えていたために、スペースの余裕があまり無い。 100mm規格のMCU基板を使用する場合は、アナログ系列とデジタル系列の回路を分離することが目的だが、100mm規格のアナログ系基板はそのままでは実装することが出来ない。 この問題をクリアするために75mm規格の基板を新調することになった次第。
posted by Yasuski at 04:51| LaVoixski