2018年08月20日

ID-292版のピギーバック化について

ID-292版AddOnBoardのデザインを完了した。

LaVoixAddOnNew.png

対応するロングピンを見つけるのに手間がかかったが、20pin+4pinの組み合わせが最適だった。

基板のシェイプを非対称にしているのは、ピギーバック時のコネクタとのクリアランスを考慮したため。

ボードは、Box形状なpinの使用が前提となるため、既に丸ピンを使って製作した基板にスタックすることは出来ない。 また、MCU側もBox pinを装着した個体のみの対応となるので、今後基板をスタックする場所のコネクタには丸ピンを使えないことになる。

ID-292系は基盤のサイズに制限があるが、ピギーバック化である程度は機能の拡張に対応できる。 この場合、親基板上にはオーディオクロックやADAT系のチップが乗っかるだけで、AddOn側にDACやMCU、Oscillatorの主な機能が移行する。 つまり、Hammond版と似たような構成になるのだが、肝心のオーディオ系をMCUと分離しきれないところに限界がある。 抜本的な改良を行うには親基板側の改装が必要だが、要求される仕様によって実装するパーツを選ぶ場合は、現状の設計がベストだろう。

Oscillatorに関しては、ピギーバック化によってButtler/Colpittsの何れかのタイプを選択できる構成になっているが、片方ずつの機能を選択することで、オシレーター系統の完全な分離を行うことが出来る。 Buttler系に関しては、フロントパネル側に回路を分散させることもできるので、ローカル側でも更なる隔離が可能な仕様となった。

各セクションへの電源の供給に関しては、ノイズキャンセル用のLを各要所に配置してあるので、実装済の回路をアイソレートしたい場合はこれらを取り除くだけで良い。

実際のところ部品の「全部載せ」はなく、事前にある程度機能を絞って部品の配置を行うことになるだろう。つまり、AddOnとはいっても最初から機能の拡張を考慮した状況で、親基板共々取捨選択を行いながらシステムを構築していくスタイルに落ち着くと予想している。

旧式の親基板の使用に関しては、オシレーターとオーディオ系の機能を停止することを前提にした場合、adatを使用しない場合は2代目青基板から、adatを含めた場合はRev4.04の初代緑基板まで遡って転用が可能となる。 問題となるのはオシレーターの選択だが、AddOn基板のColpitts型の使用が推奨される。セカンド・オピニオンとしてトップパネル側のButtler型に機能を分散させる方式が採られることになるだろう。

追記:

基板の2階建てを行う場合、クリアランスを考えて特にMCUを装着するアドオン側の基板にロープロファイルなソケットを使いたいのだが、在庫を漁っていて発見したラッピングタイプのソケットが最適なことを発見した。 ロングピンタイプのソケットを既に発注してしまったのは少し早まった感があるが、ラッピングタイプのソケットはレアなのか結構な値が付いてしまっている。 ロングピンにはMCUのデバッグ端子という使い途があるので、在庫を抱えても問題はないのだが、ラッピングピンの在庫を消化した後はロングピンに移行することになるだろう。 

追記2:

ラッピング・ピンの在庫を大量に発見した、、、。 これも貰い物だったが、在庫管理が適当すぎてイカンなあ。

posted by Yasuski at 17:38| AudioElectronics