2018年07月03日

Open.Theremin@OverloadモードとBIAS電圧について

今日は涼しくなった夕方からレベル調整システムの評価を行っていたが、修正したBIAS電圧の影響が思いの外大きく、Overloadモードの持ち味がかなり薄れてしまう弊害が発覚した。

これは、本来ならば間違いであったBIAS電圧をグランド電位に設定するという、アナログ的な手当を知らず知らずに行っていたために発生してた行幸だったが、修正を行った結果これによって得られていた効果が消失してしまった。

間違いであっても効果的な仕掛けは復活させねばならないが、そのために他の機能が犠牲になるのも考えもので、ここはBIAS電圧の切り替えを行う機構を追加するしか無い。

BIASの切り替えにはDPSTが必要で、この機能を持ったMAXIM製のICは確か在庫があるはず。 で、ストックを掘り起こしたところ、MAX4603というアナログスイッチを発掘した。

WS001341.JPG

4個のSPSTで構成されているスイッチはDPSTとして使用出来るように極性の違うものでペアを組まれているが、そのうち、一組は共通端子を設定せず個別にVRTのグランドラインの断続に使用する。 残りの2個はDPSTとして、Overload出力にアサインしているDAC2のBIAS電圧を切り替える。

少々ややっこしい回路の構成となったが、予め20pのICソケットを基板に展開していたことが功を奏して、素子の積み替えはスムーズに進んだ。 ソフトウエア側で、制御信号の極性を反転する必要があったが、概ねスムーズに転換は進んだ。

実験の結果は上々で、元の暴力的なサウンドが帰ってきた。



将来的には、BIAS電圧を可変して音質の変化を確認する機能を搭載する予定。

posted by Yasuski at 21:06| open.Theremin