2018年07月03日

Open.Theremin@出力レベル調整回路を実装する

アッテネーターのグランド電位を断続することで、ラフにレベル調整を行う機構をバックパネルに追加した。

IMG_8121.JPG

スイッチはMCUから制御信号のラインを完全にアイソレート出来るPhotoMosRelayを使用している。 MCUから送信されたフラグによって、アッテネーターのグランド側のオン/オフを行う仕組み。アッテネーターが介在した分だけ出力インピーダンスが上がることを避けるために、終段にオペアンプを配置した。

新たに追加した部品は、PhotoMosRelay/AQV203 ✕2、OpAmp/OPA2134、多回転トリマVR、3.3V電源IC、若干数の抵抗&コンデンサで、PhotoMosRelayとOpAmpの電源ラインは3.3V/5Vに分離している。

で、回路を組み上げて実験したところ、明らかに音が歪んでいる。

原因はバッファー入力のバイアス設定をグランド電位にした為と思われるが、既に入力する信号が歪んでいるOverload系は問題はなくても本線がこれではダメなので、セオリー通り1/2VCCのバイアスラインに接続し直して、歪の消滅を確認できた。

次に、肝心の音量の自動調整装置の実験に臨んだ。 ひとまず、ラフな減衰レベルを設定して音源の切り替えを行ってみたところ、音量差が激しいプリセットにアクセスしてもいきなり爆音状態に陥ることは無く、まともに音量調整機構が働いているようだ。 また、Overload系のラインに通常レベルの信号をアサインした時にアッテネーターをオフる回路だが、該当するプリセットにアクセスした場合に音量差が生じることは無く、正常に動作していた。

オプション扱いのDAC3用にも予備のバッファー回路をリザーブしておいた。 いまのところアッテネーターと出力コンデンサを実装してはいないが、レベル調整が必要になったら即応できる状態にしてある。

大改装前に接続ラインの確認と、部品の仮配置を行っているところ。

IMG_8120.JPG
posted by Yasuski at 07:50| open.Theremin