2018年05月18日

Open.Theremin@Vari-Cap調整用のVRを装着したケースに基板を移し替える

MCUの死亡を機にデジタル信号検証用に作ったトリマー用のVRを実装した筐体に基板を移し替え、素の状態でオシレーターの再チューニングを行うことにした。 予想通りリファレンス側の周波数が高めに出ていたので、これを下げる方向で再調整を行うことになる。

今回は再分解の手間が掛かってしまうが、予め基板裏にコンデンサーの時定数を調整するためのポートを設定しておけば、リード付きのコンデンサーを取り替えて気軽にチューニングを行える。 該当するSMDコンデンサーのランドには予めリード線用のスルーホールを設置してあるので、基板裏側のランドに丸ピンタイプのソケットを追加する。

一連の不毛な作業で思わぬ寄り道をしてしまったが、ここは一旦仕切り直してMCUが未実装な状態でアナログ側のチューニングに臨むのが正解だろう。
posted by Yasuski at 23:35| open.Theremin