2018年05月18日

Open.Theremin@新型基板の開発が頓挫中

新型テルミン開発の現状を箇条書きでまとめると、、、

1)アナログ部は概ね正常に動作している模様だが、D-FFによるディテクターの働きが正常かどうかはオリジナルの回路を実際に測定して確認する必要がある。

2)オーディオクロックの発振は正常に行われているが、MCUの動作を検証するシリアルモニターによる検証方法が、MCUに入力するクロックソースが別電源なために実行できないという問題がある。

3)起動時に音声が出力されない。テルミン以前の純粋な音声再生ルーティンが機能していない。

4)キャリブレーションモードへの移行を判定するモードスイッチは正常に動作している模様。

5)ただし、モードの移行をスイッチの押し時間で判定するタイマーがオーディオクロックによってドライヴされているため、ソフトウエア開発時の検証が出来ない。

6)実際に電源を投入して運用を行った状況ではロータリーエンコーダーの切り替えが出来ておらず、DACの出力電圧が変化しない。

7)オシレーターがチューン不能なため、ピッチ判定機能の検証が行えない。

8)手動でオシレーターをチューンした場合も、Volume側のLEDドライヴ(音声出力を判定している)が行えていないことが判る。音声が出力されない問題も絡んでくるのがポイントで、チューンの状態を確認できない。

9)電源とUSB通信端子の併用は、MCUの破壊をもたらす。

以上、判明している不具合をまとめてみたが、稼働までの道程は遠そうだ。

追記:


MCU2個目が死亡。

もう呪われているとしか思えないが、どうも通信の途中にUSBケーブルを引っこ抜いて死亡させるという愚を犯していた気がする。

毎度、書き込み時の情況はモニターしていた筈なのだが、偶に通信が遅延してそれを認識せずにやらかしていた感あり。

で、モードの切り替えだが、LEDの表示のみが働いていたようで、モードの切り替えを確認するLEDマーカーを追加しても反応しないことから、理由は判らないがなんらかの機能不全が発生している模様。

基本的には稼動状態だった旧システムからコードを移植しているだけなんだが、何故不具合が発生しているのか全く見当がつかない。
posted by Yasuski at 17:15| AudioElectronics