2018年05月12日

Open.Theremin@アンテナ接続時の周波数変動を調べる

アンテナ接続・アリ/ナシの比較を行った。

Screen Shot 2018-05-12 at 4.39.48.png

Pitch側が約14kHz、Volume側が約10kHz周波数がダウンするようだ。

Screen Shot 2018-05-12 at 4.34.26.png

未だにこのオシレーターの特性をよく判っていないのだが、過渡的な変化を追う限り、アナログ的な用法(直に音を拾う)には向かない印象がある。 スイートスポットでリニアな部分を拾って制御信号に変換するイメージ。 LのQが高いのはダメというのが通説なのだが、SMD系でQの低いコイルは存在するのだろうか?

ハニカム巻きコイルの実装は不可能ではないが、ケースを選ぶのと、相互干渉が問題になりそうだ。

今回行った測定で得られた諸々の周波数変動をまとめると、

1)アンテナ接続時の変動がPitchが14kHz / Volumeが10kHz 
2)TrimCapによる可変域が6~7kHz 
3)Vari-Capの可変域が約10kHz

というリザルトが得られた。

アンテナの長さはPitch/Volume共に50cmだが、アンテナのシェイプの違いが原因で変動値に差が出たと思われる。
posted by Yasuski at 12:25| open.Theremin