2018年04月30日

Open.Theremin@オシレーターの不具合等に対応する

新たに動作検証用の筐体を準備して、基本回路を構成する基板を移植した。

IMG_8026.JPG

LEDの不調は、プルダウン抵抗の実装を忘れていたためだった。LEDのアサインミスは、Eagleの回路図を確認して解決。 その後、キャリブレーションモードに何故か入れない問題が発覚しているが、最大の問題はオシレーターの動作不良だ。

まず、VariCapで構成されている方の回路の発振を観測したところ、こちらは問題無さそう。

Screen Shot 2018-04-30 at 12.10.54.png

次に、コンヴェンショナルなLC回路で構成されたAntena接続側のオシレーターを検査したところ、マトモに発振していないようだ。 Pitch/Volume両方の動作がおかしいことから、回路設計上のミスが考えられる。

Screen Shot 2018-04-30 at 12.11.18.png

旧型のオリジナル回路では問題が発生していなかったことから、新たに追加したコンデンサ周りが怪しいということで、C32/C40を短絡させてみることにした。

WS001259.JPG

回路の短絡にはお手軽にハンダを使ってみたが、この手当で問題は無さそうだ。

IMG_8031.JPG

対策の結果発振が確認できたので、次のステップはアンテナを繋いでチューニングを行うことになる。

Screen Shot 2018-04-30 at 19.09.34.png

残念ながら現時点ではキャリブレーションに入れない問題が解決していないが、処理のタイミングを仕切るWCKは問題なく入力されている模様。

Screen Shot 2018-04-30 at 19.11.42.png
posted by Yasuski at 23:04| open.Theremin