2017年10月08日

open.Theremin@

一昨日は、Teensy搭載テルミンの組み込み用筐体を製作していた。

溶けやすいリボンケーブルのハンダ付けがすこぶるやり難く、テフロンスリーブのリボンケーブルが欲しくなった。

IMG_7666.JPG

来月には稼働させたいところだが、多分オシレーターのチューニングで躓くだろう。

IMG_7652.JPG

ロータリーエンコーダーの配線を終えたところ。

VCOへの影響が若干心配ではある。

IMG_7656.JPG

Dupont製のリボンケーブルだが、線材が細く、ハンダ付けがすこぶるやり難かった。 多分簡単に断線するので、ケースの開け閉めは最小限に抑えなければならない。

IMG_7657.JPG

目玉スイッチとの接触面に絶縁用のガラステープを貼っている。

IMG_7658.JPG

収納時には、このままケーブルを折り畳むような形で基板を押し込んでいく。

IMG_7662.JPG

開発環境としての利便性を追求するために、接続用のUSB端子を増設している。

IMG_7659.JPG

USB端子は華奢なMicroBに代わってMiniBに昇格。 取付方法はGFRPによるシムで挟む形で固定するというトリッキーな方法なので、耐久性がちと心配。

IMG_7650.JPG

分解したExtraCore搭載のOpenTheremin。 ExtraCoreは切手大サイズのArduino。 接続にはケーブルを使うしか無く、かなりなスパゲッティー状態である。

IMG_7651.JPG

VCO周りをいじったV1基板。 こちらのオペアンプはオーディオ系のみをOPA4134に交換していた。
posted by Yasuski at 22:45| open.Theremin