2017年10月05日

Open.Theremin@最初に製作したモデルのリファインを開始する

記念すべき初代Open.ThereminをTeensy搭載ヴァージョンにリフレッシュする作業を開始した。

IMG_7649.JPG

この製作は、オプションを搭載しない「素」の状態のモデルを検証する意味合いを持つ。

外装は黒いシャシーのモデルと同じHammond製だが、こちらは射出成形ではなくオーソドックなキャスト系。 エフェクターによく使われて有名な1590シリーズをベースにしている。

IMG_7647.JPG

白基板はオリジナルのUNOと比較してサイズが大きいので、実装時のクリアランスはギリギリになる。その結果、ピッチ・アンテナ端子の取り付け位置や側板固定用のネジ長を調整する必要が生じてしまった。

ちなみに、極初期には件のUNOを搭載していたが、クリアランスがギリギリで、なにかと断線等の問題が発生していた。 それを反省して超小型ArduinoのExtraCoreに換装した結果、内部はスカスカになった。

IMG_7648.JPG

基板は裏板に固定される。

側板の取り付けネジが白基板と干渉することが判り、ネジの先端を4mmほど切り落として長さを調整している。 Teensyは白基板に直付するが、サービス用にUSB端子を引き出したほうが後々何かと便利である。

IMG_7645.JPG

木製(シタン)の土台を接着し、そこにネジ止めする方法でスイッチを固定している。 万が一スイッチに故障が発生してもアセンブリー交換が可能となった。 白基板上面とスイッチのクリアランスがギリなので、基板には予めガラステープで絶縁を行っておく。 ロータリーエンコーダーはサービス性を考えてコネクタ接続にしたほうが良いかもしれない。

IMG_7646.JPG

目玉スイッチは、完全に作り直すことになった。 元は4方向+1にクリックが可能なタクタイルスイッチを選択していたが、同じ機能を2個のロータリーエンコーダが引き受けるため、今回は単純なスイッチに変更することにした。 スイッチのシャフト長が変わったために、取り付け位置には新たにオフセットを掛ける必要が生じている。

出力は、TeensyのDAC0/1及びOpen.Therein/V1基板のMCP4921の合計3chで、分解能/サンプリングレートはオリジナルと同じ12bit/31.25kHzで音声が出力される予定。

コントロールは通常通りRGBロータリーエンコーダーで行う。 背面のUSB端子はmini-Bに変更する予定。
posted by Yasuski at 08:48| open.Theremin