2020年02月28日

Msize筐体専用基板の新調とアナログ・スイッチの配線について

ケースに孔を開けて基板を仮組みしているのだが、孔開けの精度が絶望的にアカン感じ。 

IMG_9782.JPG

基板のクリアランスがギリギリなのは想定内だが、補機類の配置をしくじらないようにしなければならない。

IMG_9813.JPG

孔開けのズレを解消するために、次回の工作でホールソウを試すことにした。

IMG_9814.JPG

新設計の基板には、MCU接続用のPogoPinを使用する。設置するPinの長さは12mm位が妥当か。

IMG_9778.JPG

IMG_9805.JPG

基板同士のクリアランスはなんとか維持出来そう。 仕様が固まったら、Hammondに加工済のケースを発注するのが正解かもしれない。

IMG_9783.JPG

MultiTurnVRを設置するスペースがギリギリで辛い。 

IMG_9786.JPG

ホンでもって相変わらず孔の位置が微妙にズレてしまう。

IMG_9795.JPG

材が微妙に粘るのもズレが生じる原因か。 より厚みのあるID-292のアルミ材はサクサクと削れてズレが少ない。

IMG_9817.JPG

ホールソーが到着したので、停止していた孔開け作業を再開した。

今回は8mmと10mmを試したが、8mmはタッパが足りず板に傷が付いてしまった。裏面からアクセス出来ない場合はプラワッシャー等を使った防護策を講じる必要がある。

ホールソーは下孔を中心にして一発で大穴が開くのが良い。 これで工作精度の向上が達成できそう。

残るケースの加工は裏板のヴェンチレーション孔と本体?に空けるUSB端子で、それらを除いて作業はほぼ終了している。

IMG_9853.JPG

その後、組み上がったオシレーター基板が発振しない原因を探っていたのだが、プリント基板の配線ミスという極単純な失敗を発見、これを修正した。

IMG_9857.JPG

配線の修正後に発振を確認できたが、

Screen Shot 2020-02-22 at 1.45.33.png

ヴォリューム側の時定数の設定を間違えていたようで、こちらは不足側に66pFを追加という現物合わせで対応した。

Screen Shot 2020-02-21 at 23.19.28.png

Screen Shot 2020-02-22 at 7.27.54.png

一方、DA基板のディストーション/出力レベル切替えスイッチの設計がイマイチなので、これをソフト側の制御でなんとか出来ないか思案を始めた。

LV2p3AudioSch75mm.png

配線の変更は、DistortionとLevelShifter関連のアナログスイッチを全て並列化しつつ、従来接続していたD2端子(現在はTransitionWaveformSelector連動)をLED表示のみに切り替えている。 

WS002079.JPG

また、D13のみでコントロールしていたDistortion系の出力に、正論理でLED表示を行うための反転出力"D50"を加えているが、このD50によって本来はオルタネイトに動作していた逆極性のスイッチグループを平行に駆動している。

WS002078.JPG

変更の結果は良好で、ステレオ出力に現れていた不要な歪を軽減することが出来ている。

WS002077.JPG

旧式基板の配線にも変更を行ったが、端子のラインアップが少々異なるため、配線の取り回しには若干の変更が必要となった。

IMG_9864.JPG

こちらは、Lサイズ筐体の配線。何れにしてもトグルスイッチICの極性が逆転していることに注意が必要だ。

IMG_9863.JPG
posted by Yasuski at 06:42| LaVoixski

2020年02月09日

PitchAntenna用エクステンションのコネクターをリプレイスする

接続が不安定だったPitchアンテナの接点をPogoPinに改良するついでに、アルミアンテナのコネクターを全てSMAにリプレイスした。

IMG_9769.JPG

SMAはTNCの大凡1/4の体積で、物々しさがなくシンプルなところが良い。

IMG_9768.JPG

接続が確実になった所為か、以前よりもピッチの予期せぬ変動が抑えられた感触がある。

SMAはTNCに比較すると強度に若干の問題がありそうに見えるのだが、圧入構造のアングルパーツに必要なハンダによる補強が容易なので、構造体の「分解」を含むトータルの強度はSMAの方が上になる。

IMG_9740.JPG

アングルの付いたSMA端子は四角い基台にコネクタが圧入されている構造で、直角にアンテナを取付けるにはコネクタの接合部をハンダで固定して強度を稼ぐ必要がある。

IMG_9741.JPG

SMAコネクタは表面積が小さく、アンテナ全体のシェイプがスッキリする。

IMG_9742.JPG

TNCとSMAのサイズを比較すると、SMAのコンパクトさが実感できる。

IMG_9759.JPG

ついでに残りのアルミ製アンテナの端子もSMAにリプレイスしておいた。

試験的にAmazonで購入した3Turnのプラスティック導電体のVRを導入した。このポットは単純にCV生成する為に分圧を行っているだけなのだが、リプレイス後の挙動が予想外で、Pitch側のチューニングのセンターがズレたうえに挙動がやたらとセンシティヴになってしまった。

IMG_9269.JPG

これはどう考えても異常な反応なので回路を精査したところ、交換したポットの特性が記載された"B"ではなく"A"カーヴのようだ。 このままでは非常に扱い難いので、ポットの配線を逆接続に組み替えた後、ノイズ除去用のコンデンサーを仕込んだところ、動作の不具合は解消された。

購入した小型ポットの値は貼ってあるシールの値を信用するしかないのだが、抵抗値が正しい一方でカーヴが間違って表記されていたようだ。 半額セールで購入した製品故に、訳あり品だったのかもしれない。

ちなみに、VRの特性がAカーヴであっても変化の方向が適正であれば何の問題もない。 そもそも、CVの変化特性がリニアではないチューニング機構では、そちらの方が却って使い易い場合がある。

posted by Yasuski at 00:00| LaVoixski