2019年07月12日

部品の実装を始める

チューニング・システム周りの操作性の向上を目指して、チューニング・ノブで操作出来る周波数の帯域を制限することを考えている。 

VRノブをサブチューナー扱いとしてノブの可動領域を1/9以下に制限しつつ、メインのチューニングをパネルマウントタイプの半固定抵抗で行う方式だ。

F2770228-01.jpg

このタイプのVRTでパネルマウントタイプのものが存在することを知らなかったのだが、

F7904221-01.jpg

VRTとVRポットと組み合わせても、マルチ・ターンタイプのVRポットを導入するより安上がりになるところが良い。

IMG_9247.JPG

組み上げたチューニングシステムは、ケースの側面に取付けることになるだろう。

IMG_9248.JPG

VRTの間には、ファームウエアを書き換えるためのUSB端子を挟んでいる。

IMG_9249.JPG

裸のVRTより操作性が向上するのも良いポイントだ。

IMG_9260.JPG

一方、新たに設計した赤いMCU基板の実装を開始している。

IMG_9261.JPG

基板は2種類で、80mm幅のOSC基板にスタックするタイプと、、、

IMG_9262.JPG

コンパクトな筐体に対応させた75mmサイズの基板を用意した。

IMG_9268.JPG

新たに購入したマルチターンVRポットのサイズが想像よりも大きかったので、これを機会に3種類のVRポットのサイズを比較することにした。

IMG_9269.JPG

SAKAE製は奥行きがあるために、ID-292への導入は不可能だった。 ID-292にはCopal製の13φと10φサイズのVRポットで対応することになる。

IMG_9270.JPG

SAKAE製のVRポットはHammond製ケースで使用することになる。
posted by Yasuski at 15:50| LaVoixski