2019年03月09日

OutputCh#3に波形変換システムを導入する

元ネタは”Arduino Music and Audio Projects”の巻末近くに掲載されていたAudio Excitationという記事で、TransferFunctionを使って倍音構成を変化させる仕組みが紹介されていた。

この楽器は、5つのオシレーターによって波形合成を行う音源で構成されていて、現在第3出力にはオシレーター単体の出力をアサインしている。つまり、ここでピックアップされるのは単純なサイン波となる可能性が高く、その場合は少々パンチの乏しい音色となってしまうのが難点だ。 

今回の改装では、波形合成との兼ね合いで矩形波やノコギリ波等「エッジの効いた波形」をアサインすることが出来ない場合に音色を変化させる方法として、先の記事に記載されていたWavetableによる波形変換システムを導入している。

WS001748.JPG

WS001749.JPG

導入を試行した当初は参照するWavetableをリアルタイムで組み替えようとしていたのだが、結果は失敗だった。 Dueを使って(オリジナルの記事による)AudioClockのタイミングでそれを行うのはExciterを単機能のみで実装した状態であっても流石に無理な話。 実際の回路は任意のタイミングでプッシュスイッチを押して、ヴォリューム・ポットの状態をアップロードする仕組みだった。 

記事を読み飛ばしていた自分がそそっかしいのだが、ポットの状態が即出音に反映されないのはいささか残念な仕様ではある。 記事の内容に沿って、プッシュスイッチによりデータエントリーを行う構造に修正した結果、音声の出力を確認することができた。



ついでに、RGBロータリーエンコーダーにポットの状態を点滅速度で表示するギミックを追加しておいた。 

WS001753.JPG

点滅間隔が長くなるほど値が大きくなる表示方式で、最長0.5秒間隔でLEDが点滅する。

データトランスファーはオシレーターの音量調整ポットを流用する関係で、5倍音まで設定が可能な仕様とした。 記録は、トップ側のノブをch9に選択してエンコーダーのトップを長押しして行う。 

WS001751.JPG

現状はメモリー数を1chとしているが、今後必要に感じた場合はさらに記録バンクを増設する可能性もある。

WS001752.JPG
posted by Yasuski at 17:48| LaVoixski