2018年02月03日

OpenTheremin@ピッチに段が付く問題が再発する

今日から本格的にプログラムの修正を開始しているが、ハードウエアの改装後に何故かピッチの段付きが発生していて、これがどうやっても解消できない。

段付きが発生するポイントには周期性が観測されているのだが、原因はWavetableを読出すオフセット値が特定のポイントで増加する方向に揺らぐことと想定している。

Wabetableを読みだすタイミングは強制的に外部からのクロックに同期されているので、この揺らぎがサンプリングレートの変動によって生じているとは考え難い。

当初は、データの不連続面が関係している可能性を疑っていたが、どうもこの辺がハッキリしない。 音量を決定するVolumeのパラメーターはフルスケール12bitで、これをスイープする間に数回の周期が観測されることがヒントかもしれない。

現象が目立つのは低音時に限られていて、高音時には殆ど気にならない。つまりこれは、オフセットに影響する揺らぎの値が一定している事を意味する。 

試しに、過去のヴァージョンのプログラムに戻してみたが、こちらも妙な段付きが再現されてしまう。

VCOのチューニングに問題があるのだろうか?

とりあえずの方策として、発音を1音減らして5音にダイエットしたものを用意しているが、別の問題はアンプの電池が死にかけていること。 もしかすると諸問題の原因はコレかもしれないので、明日は別に用意した電源で実験を行う予定。

以前、動作が不安定で168MHzに落としていたTeensy3.6のSystemClockを180MHzに設定し直して実験したところ、とりあえず稼働させることが出来ている。
posted by Yasuski at 01:10| open.Theremin