2021年07月29日

出力信号のリアルタイム表示を行う。

オーディオクロックの分周に悩んでいたのだが、M7には結構な量のRAMを増量しているので消費を抑える意味はなかった。

IMG_20210728_234424772.jpg

出力を、EXTMEM上に確保した専用のポインタで駆動する4096stepのデータ・アレイにサンプリングすることで、リアルタイムサンプリングを実現することが出来た。

Screen Shot 2021-07-29 at 0.33.48.png

問題は解像度で、128x128では粗が大き過ぎる。


ついでに、ランダムに周波数を変化させた出力をサンプリングしてみたが、やはり高い周波数ではドットが粗過ぎて使い物にならなかった。
posted by Yasuski at 00:38| LaVoixski

2021年07月28日

SDカードから読み込んだ波形を表示する。

SDカードから波形を読み出す機能を追加した。

IMG_20210728_182748021.jpg

もしかすると、音色をデザインするモードでは「リアルタイム性」に拘る必要はなく、加工前の波形にミックス・レベルを掛合わせたもの5波分を合算するのが、よりスマートな方法かもしれない。 単純に合成した波形を確認するのであれば、シンプルに基本波を合算した結果を見るのが正解だろう。 SDから引っ張ったデータを直読みする方法には、左右のアンテナの影響を排除できる利点がある。

ただし、「非線形モード」に於ける出音は元波形から確認できる性格のものではなく、

Screen Shot 2020-03-02 at 18.24.09.png

選択したモードによって表示を切替えるべきだろう。

次は、リアルタイム・データの取り込みが課題だが、オーディオクロックを分周する手段を決定出来ずに、其処で作業がスタックしている。
posted by Yasuski at 19:51| LaVoixski

ディスプレイ機能に疑似オシロスコープを追加する

ラフな造りではあるが、オシロスコープのプロトタイプを製作した。

デザインは、他のパラメータを踏襲して、上下にロータリーエンコーダの表示と同じ色味を持たせたオブジェクトを配置し、そこに該当するパラメータの数値を表示する。 波形の表示は中央部に配置するが、こちらは同じ表示領域に色味でレイヤーを分けた波形を重ねて表示する。

IMG_20210728_164149743.jpg

表示する波形のソースとしては、ADを介したサンプリング・システムをわざわざ構築してもあまり意味がないので、Transition用に生成したサイン波の描画データを加工したものをデータアレイに格納、それらを再度読み出して波形の表示を行っている。

Screen Shot 2021-07-28 at 13.26.00.png

この仕掛けを楽器に組み込む場合、オーディオクロックをディスプレイのピクセル値に合わせて分周したタイミングで、データ・アレイに出力値を取り込む形になるだろう。
posted by Yasuski at 16:45| LaVoixski

2021年07月27日

OLED版はアカン感じだった

今日は夕刻からOLEDディスプレイをMCUに接続して実験を行っているのだが、

128x128ピクセルの表示領域は視認性に問題があり、240x240ピクセルのLCD用に組んだシステムを縮小して運用しても、同様の効果が得られそうにないことが判った。

Screen Shot 2021-07-27 at 18.33.55.png

最適化は現物合わせで行うしか無いのだが、これが結構な手間な上にあまり効果が期待できないのが悲しい。

Screen Shot 2021-07-28 at 9.24.30.png

OLEDは直射日光下の視認性に優れる長所がある一方、LCDと比較して価格が数倍ほど高いので、これを採用する可能性は低くなった。 試作機には、より単純化したUIを実装した方が良いと思われるが、組み始めているOLEDを搭載した試作機2機分のトップパネルをリプレイスする必要が出てきた。
posted by Yasuski at 20:58| LaVoixski

Transition/Arpeggiatorのパラメーターをデザインする

パラメーターの数値を単純に表示するだけでは芸がないので、より直感的に情報を取得できる表示法を考えることにした。

特に難物と思われるのは出力波形と、概念が一般的ではないTransitionの表示と思われるが、まずはデータの取扱が容易な後者から設計を始めていく。

実際の制御波形がCOS波なので、Arduino_GFXのdrawPixelを使って、波形の描画を行った。

Screen Shot 2021-07-26 at 23.55.27.png

プログラムの構造もオリジナルに準拠したもので、オフセット値を操作することで、COS波の間隔を変化させている。

Screen Shot 2021-07-27 at 0.19.19.png

次に設計を始めたのはArpeggiatorの表示で、これが思ったよりも難物だった。

設計のおおまかな概念は、fillRectを使ってピアノロール状のオブジェクトを表示する方法で、設定した表示領域を任意のSTEP数で分割・生成する。 問題となったのは、STEP数によって生じるオフセット値で、これを解消するために、多くの試行錯誤を行うことになった。

Screen Shot 2021-07-27 at 15.38.42.png

どうやっても解消されないオフセット値の狂いに悩まされたが、240x240の液晶の規格を、256x256と勘違いしていたことが原因だった。

Screen Shot 2021-07-27 at 1.54.19.png

プログラムは、Switchを使って再生パターン毎に描画ルーティンを選択している。 苦労したのはUP&DOWNの三角波で、この部分のオフセット値を解消することに、労力の大半が費やされることになった。

IMG_20210725_210055940.jpg

グラフィックで表示するパラメータとして、STEP数と再生箇所の推移を選択している。 まずSTEP数は再生パターンの表示も兼ねさせていて、ピアノロール状に発音順の配列を表示する。 

IMG_20210725_141427071.jpg

RATEはdrawLineによる縦線の移動で表現しているが、少々視認性に問題があるので、これは改善の必要があるかもしれない。
posted by Yasuski at 10:02| LaVoixski

2021年07月25日

Teensy4.1@ OLED/LCDの接続を行う。

久々にやる気になってLCD系の試験を始めたのだが、ライブラリの書き換えに失敗したようで、全く反応が得られ無い。 念の為に配線をチェックしたが、物理面のミスは発生していない模様だ。 これは、ライブラリを未編集=素の状態に戻して再トライするのが正解だろう。

使用するライブラリは、稼働実績が認められるArduino_GFXで、YoutubeにLCDをドライヴしている様子がアップロードされている。 が、現実には全く動く気配を感じられない。 仕方がないので、久々にロジアナを投入してSPIの通信波形を観測したものの、「何かが怪しい」程度の認識を得ることしか出来なかった。 ライブラリに手を入れていない「素」の状態がこれでは、非常に幸先が悪い。

Screen Shot 2021-07-23 at 9.26.09.png

不具合の原因を探るためにスケッチを眺めたところ、どうも初期設定を間違っている風だったので、該当する箇所にOLED/LCDの設定を追加したところ、やっとまともに動かせるようになった。

Screen Shot 2021-07-24 at 11.12.48.png

試しにベンチマークを走らせてみたのだが、、、

Screen Shot 2021-07-23 at 11.19.02.png 

プロセスが超絶に速すぎて、初見では何が起こっているのか認知ができなかった。

ついでに、LCDのドライヴにもトライしてみた。

LCDが順調にドライヴできたので、次は表示内容の検討に入ることにした。 まずは、GPT2の Input Capture 1/2 とPWM_LEDを走らせた状態で、OLEDディスプレイに時計を表示してみる。

現時点ではOLEDにデータを送信するSPIはデフォルトのチャンネルで、目標のSPI1に出力を変更することには成功していない。

次に、センシングした周波数の表示を行ってみた。

IMG_20210724_003240120.jpg

視認性の向上を狙ってBoldフォントを追加して、背景とフォントの色味を1秒間隔でランダムに選択する実験を行う。 実際にはLoop内にdelayエレメントを配置せず、インターフェイスの操作時に発生させたトリガーのタイミングで描画を行うことになるだろう。

IMG_20210724_011513893.jpg

データの表示領域に余裕があるので、プリセットが可能なオフセット値の表示を追加した。

IMG_20210724_132527596.jpg

表示系のデザインは、実験を通して実現可能な落し処を探って行っていくことになりそうだ。 例えば、RGB_LEDでカヴァーできない部分を補助するのか、積極的にパラメーターの情報を表示するかで、表現の指向性が変わってくるのだが、LEDの状態に構わず全体の視認性を上げる方にデザインを行うべきかもしれない。

ライヴで演奏する場合は、実用性から事前にプリセットしたものを呼び出す形の運用それ一択と思われるので、多少視認性が落ちることがあっても、得られる情報を詰め込んだほうが良いのではないか?と思っているのだが、背景を工夫することで視認性と情報量の確保を両立できるかもしれない。

例えば、LCDの上下の背景は、ロータリーエンコーダで選択したモードの色味を反映しつつ、色味を反転させたフォントで、各パラメーターの数値を表示するようなデザインを考えている。

例外は波形表示で、これは音色のエディットモードに於いて実際の出力波形を観測しながら行う形になるだろう。 表示するデータのハンドリングは、波形一周期をサンプリングしたデータアレイを更新する方法になるだろうか、、、。

IMG_20210724_163749083.jpg

Transitionの設定は画像化によって直感的にその概念を理解出来そうなのだが、共有が望めない概念は「絵で説明する」のが一番だろう。 Webで見つけたコードを参考に、ダミーで描画してみたが、Transitionの表示はこんな感じでよさそそうだ。 サイン波を計算した結果をdrawPixelでプロットしている。

IMG_20210724_235844948.jpg

ロータリーエンコーダを操作した状況をシミュレートする際に、位相はCOSが正解と結論した。

IMG_20210725_013412069.jpg
posted by Yasuski at 02:04| LaVoixski

2021年07月21日

GPT2の動作を確認する

なんとか、まともにセンシングを行えるようになった。

IMG_20210722_011634391.jpg

IMG_20210722_011745906.jpg

躓いたのは、InputCapture に関する全てのイベントを統合して出力される IRQ_GPT2 の扱いで、

Screen Shot 2021-07-22 at 1.52.05.png

何故かジャンプ前の条件分岐でタスクを振り分けることが出来ず、

Screen Shot 2021-07-22 at 2.03.53.png

必ず最後に記述されたイベントのみが優先されてしまう。

Screen Shot 2021-07-21 at 7.54.45.png

更に深刻なことに、キャプチャフラグによる選別が行われないために、例えば該当する input capture1 の入力には正常に反応する一方で、input capture2 に入力を行った途端に、input capture2 側にロックアップが発生し、出力データが input capture2 が出力する”0”に固定されてしまう現象が発生している。

Screen Shot 2021-07-21 at 7.54.56.png

この「仕様」に対処するために思い付いたのが、attachInterruptVector(IRQ_GPT2, capture); でジャンプする先のサブルーチン ”capture” 内に於いて GPT2 input capture1/2 のキャプチャフラグを使って分岐を行う方法で、

Screen Shot 2021-07-21 at 9.12.57.png

これにより、2ch分の入力を同時に計測することが出来るようになった。

ただし、依然として統合された IRQ_GPT2 の影響は排除されておらず、キャプチャフラグのタイミングによってデータの不感帯(カウントが進まずに、”0” が出力されてしまう)が発生して、出力データに事実上のリセットが掛かってしまう。

この問題を解決するために、カウンタの数値が変化しない場合は、出力レジスタの計算をスキップしてゼロを出力しない条件分岐を増設している。

Screen Shot 2021-07-21 at 9.12.48.png

出力値のチューニングは、特に低い周波数をセンシングする時の分解能を確保する方向で行っていくことになる。

Screen Shot 2021-07-21 at 9.42.18.png
posted by Yasuski at 09:58| LaVoixski

2021年07月19日

GPT2の動作確認を行うために作成したスケッチに不具合が発生する

M7チップを搭載したTeensy4.1上で、周波数ディテクタとLCD/PWM_LEDの働きを検証するためのシンプルな構成のスケッチを書いたものの、何故か立ち上げの途中でスタックしてしまう事案が発生した。

より複雑な構造の楽器そのものを構成するスケッチ(ただしLCDは未実装)では、無事にLoopまで辿り着くのが、これまた大きな謎だ。

仕方がないので、とりあえずマーカーを使って原因を辿っていくと、どうも周波数ディテクタのINIT時にスタックが発生しているようで、試しにサブルーチン内の動きをマーカーでトレースしてみると、レジスタを初期化する場所で処理が止まっていることが判った。

試しに、レジスタをクリアする位置をサブルーチンの最後尾に移動したところ、

Screen Shot 2021-07-19 at 16.35.17.png

すんなりとLoopまで辿り着くことが出来た。

Screen Shot 2021-07-19 at 16.55.11.png

この不具合の発生には、ライブラリの更新が原因しているのかもしれないが、複雑な構成のスケッチでは何故か問題なく動作しているように見えるのが面妖で、ひとまずは単純化したシステムで怪しげな箇所を潰していく。

Screen Shot 2021-07-20 at 18.07.11.png

今回は実験の簡易化を目指して、任意の周波数に設定したPWM出力をディテクターの入力端子に接続している。
posted by Yasuski at 16:56| LaVoixski

2021年07月14日

Teensyduino1.54について

久々に更新されたTeensyduino1.54をインストールしたところ、SD関連のライブラリに変更があり、コンパイルが通らなくなった。

Screen Shot 2021-07-10 at 7.24.33.png

該当するファイルのパスを取り除くことで、コンパイルが通るようになったが、削除されたファイルを追加して対応することも可能だった。

Screen Shot 2021-07-10 at 7.28.25.png

一方、遅れている各パート(GPT/PWM/LCD)の稼働試験用に専用のスケッチを書いたものの、LCDとPWMで駆動するRGB_LEDの色味を指定している変数がコンフリクトを起こしてしまった。

コンフリクトを回避するためには、PWMの振幅設定とLCDの色味設定を行う変数のうち、どちらかの名称を変更する必要があるのだが、今回は書き換えに手間が掛からないライブラリ側に変更を行うことにした。

Screen Shot 2021-07-13 at 16.47.34.png

名称を書き換える箇所はArduino_GFX関連のライブラリのうち3ファイルで、色味を設定する変数の末尾に”2”を追加している。

Screen Shot 2021-07-13 at 16.51.24.png

Screen Shot 2021-07-14 at 5.16.00.png

あくまで暫定的な処置ではあるが、コンパイルは通っている。 次は、外部にデバイスを繋いで試験を行っていく。

Screen Shot 2021-07-13 at 17.21.23.png
posted by Yasuski at 05:17| Teensy

2021年07月03日

Daisyのライブラリが新調されていた

暫定で行った、ロータリーエンコーダーを追加するための修正ポイントを例示しておく。

Daisyの新しいライブラリは変更点が多く、過去に追加したロータリーエンコーダ関連の記述はすべて無効となった。

Screen Shot 2021-07-03 at 21.45.16.png

まず、判り易い変更ポイントとして、DaisyDuino.hが、Utilityフォルダを参照することになった。

Screen Shot 2021-07-03 at 22.24.48.png

一方、DaisyDuino.cppでは、デフォルトで仕様が想定されているエンコーダーが単体なので、これを2個対応に変更する。

Screen Shot 2021-07-03 at 22.25.12.png

ハードウエア毎にインターフェイスの設定が異なるので、個別に対応を行っている。

Screen Shot 2021-07-03 at 22.35.59.png

コントローラーの総数は、この部分で設定を行うようだ。

Screen Shot 2021-07-03 at 22.36.22.png

こちらは、ハードウエア別の設定箇所。

Screen Shot 2021-07-03 at 22.42.58.png

基本的にはPodに対応するだけで良さそうなのだが、一応こちらにも手当を行っておく。

Screen Shot 2021-07-03 at 22.35.40.png

ProcessDigitalControlで、デバウンスの設定を行っているようだ。

Screen Shot 2021-07-03 at 22.37.26.png

DaisyPod.hでは、インターフェイスに対応する端子を設定する。

Screen Shot 2021-07-04 at 18.41.29.png

DaisyPod.cppでも、端子の設定を行うようだ。

Screen Shot 2021-07-04 at 18.43.25.png

エンコーダーの初期化ルーティンに、追加分のエンコーダを記述する。

Screen Shot 2021-07-04 at 18.43.49.png

ProcessDigital Control にも項目を追加しておく。
posted by Yasuski at 22:46| DaisySeed